スケルトンリフォームは自由設計が可能

リフォームの中で最も自由度があるのがスケルトンリフォームと言うものです。
スケルトンと言う言葉から連想できるように、スケルトンリフォームは建物の構造体部分を残し、壁など撤去していき、そこに現れるのは一つの空間となるものです。
通常のリフォームですと、水周りを変更するためには配管を新しく作り直したり、制限が掛かるものですが、住居を一旦スケルトンにしてしまうと自由に水周りを変更する事も可能になるのです。
スケルトンにされた空間は一つの箱の状態となりますので、新しい間取りをそこに作る事も出来るというメリットがあります。
一般的にスケルトンにしてしまうのはマンションなどの住居が多く、中古マンションなどを購入したり、住居が古くなったことで一新させるためにこの方法を選ぶと言います。
スケルトンにすれば間取りを自由に決める事が出来ますので、新築と同じ様な状態になりますし、中古マンションも新築マンション以上の価値を持つ住居に生まれ変われる可能性を秘めているのです。
スケルトンリフォームは、内装を解体していきますので、費用はかかりますが、間取りを自由に作り上げられるメリットがあり人気があるリフォームの手法でもあるのです。