親子二世帯住宅へのリフォーム

住宅リフォームの目的は色々あります。中古住宅を使いやすくする、古くなった住居のメンテナンス、バリアフリーの導入、和室を洋室にもしくは洋室を和室にする等々他にも十人十色の目的があるでしょう。二世帯住宅へのリフォームもその一つです。これは、増築・改築を含むケースも考えられますが、異なった生活を送っていた人達が同居する事になるので、リフォームの計画は綿密に行う必要があります。若い世代と年配の世代の同居は第一に生活時間の違いを考慮しなければなりません。第二に食生活の違いも考える点の一つです。寝起きや食事の時間が異なる事を考えるとスペースに余裕があるのなら、玄関とキッチンは別々にする事が望ましいでしょう。出来れば、お風呂も二つあると良いですが、そこまでいくと給湯にかかる費用だけで結構な出費になるので、こちらの優先順位は低くて構いません。玄関を分けるのはプライベートの確保のためにも必要です。特に、夫の親との同居の場合はその点が配慮されているだけでも妻の負担は軽減されます。キッチンについても同様で、一緒の調理も気づまりの場合がありますし、ましてや全員分を作るのは好みの違いもあり大変です。親世代が自分の事をできる間は、食事は基本別々としていた方が精神的に余裕も生まれ、円満な同居を続けやすくなるでしょう。ただし、これらは夫の親との場合であり、妻の親との同居や互いの意見が一致している場合は玄関もキッチンも一緒という選択肢も十分考えられます。要は、互いが暮らしていく中で大切と思う事を充分話し合い、妥協できる点を相談した中で目的を果たせるリフォームを行う事が大切なのです。